High Resolution audio catalogue

DISC INFORMATION

べいびぃろん(BABY-LON)
べいびぃろん(BABY-LON)

あがた森魚&はちみつぱい

WAV 96kHz/24bit

2017/04/26

DESCRIPTION

1.アポロンの青銅器
2.春一番にいかなくちゃ
3.もおたりぜいしょん
4.大平原(氷のドロップ)
5.虫のわるつ
6.家なきリバティー
7.森から生まれた獣たちは
8.四月の雪
9.クリーニング エイハブ
10.いつものようにただだまって
11.港の純情
12.真夜中を歩く
13.べいびぃらんどばびろん


唯一無二の《あがた森魚》のヴォーカルと日本語ロックの創世《はちみつぱい》の45年目のリアルタイム・ロック完成!

あがた森魚とベルウッド・レコードの45周年を機に伝説のメンバーが集結。
1972年にキングレコードのプロデューサー三浦光紀によって設立されたベルウッド・レコードはその第一弾シングルとして、
「赤色エレジー」(あがた森魚+蜂蜜ぱい)を同年4月25日に発売した。はちみつぱいは命名もあがた森魚であるが、
鈴木慶一とあがたとの出会いによって生まれた。また当時キングレコードのプロデューサーの三浦光紀ははっぴいえんどと
双璧になるであろうとはちみつぱいに注目したのだが、1971年8月の中津川フォークジャンボリーで、あがた森魚と蜂蜜ぱいが
演奏しているのを観てあがたを気に入り(気になり)、結果的にあがたのバックにはちみつぱい(当時は「蜂蜜ぱい」)を据え、
合体デビューとなった。そして、この所謂メジャー・デビュー・シングル「赤色エレジー」が60万枚とも言われる大ヒット。
これはあがた森魚、はちみつぱい、三浦光紀の3者がベルウッド・レコードを大海へ押し出したとも言える。

そして、今年その3者が集まり、アルバムを作るという。
「赤色エレジー」以降、あがた森魚は『乙女の儚夢』『噫無情(レ・ミゼラブル)』『日本少年(ヂパング・ボーイ)』
『僕は天使ぢゃないよ』等はちみつぱい、はっぴいえんどのメンバーとのコラボを始め、ソロ・アーティストして
作品作りを精力的に続け、独特な世界観で唯一無二のシンガー・ソングライターの地位を確立した。
はちみつぱいはアルバム『センチメンタル通り』とシングル1枚を残して解散したが、鈴木慶一率いるムーンライダースへと発展、
日本のロック界に未だに影響を与え続ける。
三浦光紀はベルウッドではっぴいえんど、大瀧詠一、細野晴臣、高田渡他レジェンドたちの作品を多く手掛け、
日本初の音楽企業家として、レコード業界の重要なポジションを歩んだ。
45年の間にはちみつぱいのメンバーがあがたのライヴに参加する他、この3者が公に仕事をすることは無く、約半世紀振りの共同作業だ。
これは日本のニューミュージック、ロック・ファンには見逃せない歴史的な出来事になるであろう。

ARTIST