Now Loading...

「桐野はるか、29歳、走ってきました。それなりに…」
恋愛経験ゼロのこじらせ女子が初めて知った愛と性。

映画「グラグラ」イントロダクションイメージ写真

Introduction

主人公はるかを演じるのはグラビアアイドルとして活躍し、セカンド写真集『花一華』の発売も好調の新人女優・永岡怜子。はるかの相手役・田畑役に映画やテレビドラマで勢力的に活躍し、最近ではバラエティ番組でも話題の実力派俳優の湯江タケユキ。はるかの姉・さやか役に瀬々敬久監督の『愛するとき、愛されるとき』で主演に抜擢された江澤翠。監督は23歳にして映画監督デビューし、恋愛映画から不良ものVシネマのほか、テレビ、ドキュメンタリー、ミュージックビデオと幅広い分野で活躍を続ける髙原秀和。さえない男と純情グラドルのピュアな恋を描く。

Story

はるか(永岡怜子)は中堅グラビアアイドルとして活躍する中、マネージャーから主演映画でラブシーンのある役を演じてみないかと提案される。映画のオファーは嬉しいが、はるかは胸に秘めたコンプレックスがあり、受けるべきか思い悩む。その矢先、はるかは路上でファンに襲われそうになったところをとある中年男性・田畑(湯江タケユキ)に助けられる。2人は次第に打ち解けていくが、映画のためにとコンプレックスの克服がはるかの前に立ちはだかっていた…。

Cast

永岡怜子
永岡怜子
Nagaoka Reiko

1987年、埼玉県出身。旧名・白川卯奈としてミスFLASH2016ファイナリスト、週刊プレイボーイジガドルコンテストグランプリを勝ち取る。2018年より、永岡怜子として活動開始。1st写真集「anemone」が好調で、2019年1月に2nd写真集『花一華』を発売。本作にて芝居初挑戦し、大胆な濡れ場シーンにも挑んだ。

湯江タケユキ
湯江タケユキ
Yue Takeyuki

1967年、1985年テレビドラマ『ハーフポテトの俺たち』で俳優デビュー。歌手としては1986年『HURRYUP』でデビュー。本人も出演した森永製菓『パリパリバー』のCMソングとして大量にOAされオリコン最高16位を記録、番組に多数出演。当時のキャッチフレーズは、和製ジェームズ・ディーン。その後、多数のテレビドラマ・オリジナルビデオに出演。最近はバラエティー『有吉反省会』NTV)『スカッとジャパン』(CX)ドラマ『江戸前の旬』(BS TV)『生田家の朝』(NTV)などにも出演。映画では『キリン』(12)『裸のいとこ』(13)『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』(11)などがある。服飾デザインなどのプロデュースを行う。

江澤 翠
江澤 翠
Ezawa Midori

1984年、東京都出身。2010年、瀬々敬久監督『愛するとき、愛されるとき』で主役に抜擢され高い評価を得る。その後、舞台『LOVEFAIRY~恋する妖精~』(11)主演を始め、TVドラマ、オリジナルビデオなどで活躍中。

柴田明良
柴田明良
Shibata Akiyoshi

1973年、栃木県出身。ストレイドッグプロモーション所属。2001年放送のTV『仮面ライダーアギト』(EX)で尾室隆弘を務めた。また SUBARU、三井住友カードなど数多くの企業広告にも出演。TV・映画・舞台と幅広いジャンルで活躍する。映画では『小河ドラマ 龍馬がくる』(18)『メイクルーム』(14)『ゆれる心』(15)『がらくた』(16)などにも出演している。

本橋由香
本橋由香
Motohashi Yuka

1978年、東京都出身。1993年、女優デビュー。1996年、スーパー戦隊シリーズ『激走戦隊カーレンジャー』に志乃原菜摘/イエローレーサー役でレギュラー出演。その後もその後、テレビドラマ、オリジナルビデオ、舞台などで活躍中。

古井榮一
古井榮一
Furui Eiichi

1959年、福岡県出身。主にTVドラマと映画で活躍。映画やオリジナルビデオなど、その風格有る強面なルックスを活かし、やくざものに多数出演。三池崇史監督作品には『IZO』始め、6本出演している。ドラマでは『嬢王3』(TX)や『海賊船隊ゴーセンジャー』『相棒』(EX)など。

木庭博光/福澤重文/稲田 錠/酒井健太郎/伊藤和哉/村上耕平/西留 翼

Staff

高原監督写真
監督:髙原秀和
Director:Takahara Hidekazu

1961年、東京都出身。18歳からピンク映画の助監督を始め、23歳にして『セクシーアップ桃色乳首』(85)で映画監督デビュー。『童貞物語2 チェリーボーイズ』(88)で一般映画進出。以降『新・同棲時代』(91/原作:柴門ふみ)などの恋愛映画から『マルソウ改造自動車教習所』(96)『喧嘩愚連隊』(98)などの不良ものVシネマ、テレビ、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー(『がむしゃら』2015)と幅広い分野で活躍を続けている。2018年に13年ぶりにピンク映画(『トーキョー情歌』他)を監督し、2019年夏、R15バージョンの一般公開予定。女優だけの劇団[lovepunk]の主宰・演出も務め、女の生き様をテーマに演劇活動も行っている。日本映画監督協会会員。

監督:髙原秀和
Director:Takahara Hidekazu

1961年、東京都出身。18歳からピンク映画の助監督を始め、23歳にして『セクシーアップ桃色乳首』(85)で映画監督デビュー。『童貞物語2 チェリーボーイズ』(88)で一般映画進出。以降『新・同棲時代』(91/原作:柴門ふみ)などの恋愛映画から『マルソウ改造自動車教習所』(96)『喧嘩愚連隊』(98)などの不良ものVシネマ、テレビ、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー(『がむしゃら』2015)と幅広い分野で活躍を続けている。2018年に13年ぶりにピンク映画(『トーキョー情歌』他)を監督し、2019年夏、R15バージョンの一般公開予定。女優だけの劇団[lovepunk]の主宰・演出も務め、女の生き様をテーマに演劇活動も行っている。日本映画監督協会会員。

脚本:髙原秀和・宍戸英紀・椙下直哉/音楽:野島健太郎/撮影:下山 天/照明:守利賢一/録音:堀田範仁/編集:金子尚樹/助監督:森山茂雄
エグゼクティブプロデューサー:山口幸彦
企画:利倉 亮/プロデューサー:江尻健司/制作協力:レジェンド・ピクチャーズ
配給:アルゴ・ピクチャーズ レジェンド・ピクチャーズ
製作:キングレコード  ©2019キングレコード
<日本/カラー/本編 77分/R15+>