Now Loading...

「いまひとり? ひとりで寂しい?」「全然、肉触ってると寂しくないよ」
ファッションモデルと肉屋の男がテレパシーでつながる不思議物語。

映画「こえをきかせて」イントロダクションイメージ写真

Introduction

主人公・ハルカ役に2007年に芸能界デビューし、現在は日本のみならず『GLITTER』『FHM』など海外ファッション雑誌のモデルとして活動の幅を広げる渡辺万美。また肉屋のおやじ・安春役には本年、映画『おっさんのケーフェイ』『天然☆生活』など主演映画が相次ぐ川瀬陽太を起用。監督・脚本はピンク映画で商業デビュー後、独特の世界観で多数の映画ファンを魅了しつづけるいまおかしんじ。ファッションモデルと肉屋のおやじという、不釣り合いな男女が織り成す不思議でほんわか温かい物語が誕生した。

Story

ファッションモデルのハルカ(渡辺万美)は食事制限がたたり撮影中に気を失ってしまう。その帰り、立ち寄った精肉店の店主・安春(川瀬陽太)の心の声が頭の中に聞こえてしまう。最初は不審感と恐怖にさいなまれるハルカだったが、子供の頃からエスパー能力を持つ安春と次第に打ち解けていく。仕事への葛藤、愛妻の不倫など互いの悩みを曝け出していく2人は、ある出来事から一線へと踏み出していく…。

Cast

渡辺万美
渡辺万美
Watanabe Bambi

1989年、東京都出身。2007年に芸能界デビューし、グラビアアイドルとして活動を開始。2018年にはヘアヌード写真集を発売したことによって、各メディアから注目を浴びる。 現在は、日本のみならず『GLITTER』『FHM』など海外ファッション雑誌のモデルとして活動の幅を広げている。

川瀬陽太
川瀬陽太
Kawase Yohta

1969年、神奈川県出身。自主制作映画の助監督の仕事をしていたが、監督から主演を命じられたことがきっかけで役者に転身する。その後、瀬々敬久監督をはじめとしたピンク映画の関係者と交流を深め、多数のピンク映画に出演。近年は映画『ローリング』での主演をはじめ、大作から小規模作品まで様々な監督から出演をオファーされる人気映画俳優である。第25回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞受賞。2019年現在、『おっさんのケーフェイ』『月夜釜合戦』『天然☆生活』の3本の主演作が相次いで公開されている。

吉岡睦雄
吉岡睦雄
Yoshioka Mutsuo

1976年、広島県出身。大学在学中に小劇場の舞台から俳優としての活動をスタートさせる。その後、映画、ドラマへも活動の場を広げ、主な出演作に『たまもの』(04)を初め、近年では『64-ロクヨン- 前編』(16)『予兆 散歩する侵略者 劇場版』(17)『菊とギロチン 女相撲とアナキスト』(18)『スマホを落としただけなのに』(18)などがある。本年は『漫画誕生』(第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ選出作品)の公開も控えている。

長屋和彰
長屋和彰
Nagaya Kazuaki

1987年、東京都出身。2010年、映画『大奥〈男女逆転〉』の御中臈役でデビュー。2011年には岩井俊二プロデュース・桜井亜美監督による、東日本大震災後の福島県を題材とした中編映画『FUKUSHIMA DAY』の主役に抜擢される。2017年、ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾のオーディションに参加し合格。同プロジェクトのワークショップを経て製作された映画『カメラを止めるな!』にメインの役どころで出演した。

今川宇宙
今川宇宙
Imagawa Ucyu

1996年、東京都出身。2013年より「宇宙戦士ちゃん」としてインターネット上にてイラストやモデルの活動を開始。2014年に講談社主催の女性アイドルオーディション「ミスiD2015」にて選考委員の岸田メルによる個人賞「岸田メル賞」を受賞する。2017年にアニメソングを手掛けるアーティスト「黒魔」とユニット「よるごはん探検隊」を結成し音楽分野へ進出。2018年から音楽バンド・ほろよひ音楽堂でボーカルを務める。2019年3、4月には明治座ミュージカル『ふたり阿国』に出演。その他、舞台・CM・MVといった様々なジャンルで活躍している。

丸純子
丸純子
Maru Junko

1976年、千葉県出身。1990年代後半、レポーターとして報道番組などに出演する。2001年に発表した写真集を機に女優に転進し、Vシネマ『暴力商売2・3』でデビュー。映画主演作にミッキー・カーチスと共演した『老人の恋 紙の力士』(10)や『逢いびき』(14)がある。近年はグラビアでも大人の女性の魅力を披露し、V☆パラダイス・オリジナルコンテンツにて連続ドラマ『丸純子のおいしいひとり酒』がシリーズ化されている。

広瀬彰勇/古藤真彦/西留 翼/安田未優/坂本真由/勝又洵子/みこと

Staff

いまおか監督写真
監督:いまおかしんじ
Director:Imaoka Shinji

1965年、大阪府出身。横浜市立大学在学中より、朝日カルチャーセンターのシナリオ教室に通い、馬場当に師事。1990年に獅子プロダクションに入社し、1995年にピンク映画『彗星まち(獣たちの性宴 イクときいっしょ)』で監督デビュー。『たまもの』(04/主演:林由美香)『かえるのうた』(05)をはじめ海外での評価も高く、『島田陽子に逢いたい』(10)『UNDERWATER LOVE-おんなの河童-』(11/撮影:クリストファー・ドイル)『妻が恋した夏』(14)『ろんぐ・ぐっどばい~探偵 古井栗之助~』(17)と話題作を発表。また、脚本家として『苦役列車』(12)『華魂』(14)『華魂 幻影』(16)などがあり、その独特の世界観にコアなファンを持つ。

監督:いまおかしんじ
Director:Imaoka Shinji

1965年、大阪府出身。横浜市立大学在学中より、朝日カルチャーセンターのシナリオ教室に通い、馬場当に師事。1990年に獅子プロダクションに入社し、1995年にピンク映画『彗星まち(獣たちの性宴 イクときいっしょ)』で監督デビュー。『たまもの』(04/主演:林由美香)『かえるのうた』(05)をはじめ海外での評価も高く、『島田陽子に逢いたい』(10)『UNDERWATER LOVE-おんなの河童-』(11/撮影:クリストファー・ドイル)『妻が恋した夏』(14)『ろんぐ・ぐっどばい~探偵 古井栗之助~』(17)と話題作を発表。また、脚本家として『苦役列車』(12)『華魂』(14)『華魂 幻影』(16)などがあり、その独特の世界観にコアなファンを持つ。

脚本:いまおかしんじ/音楽:下社敦郎/撮影:瀬川 龍/照明:岩本雄介/録音:大塚 学/編集:桐畑 寛/助監督:ほんだみきひろ
エグゼクティブプロデューサー:山口幸彦
企画:利倉 亮/プロデューサー:江尻健司/制作協力:レジェンド・ピクチャーズ
配給:アルゴ・ピクチャーズ レジェンド・ピクチャーズ
製作:キングレコード  ©2019キングレコード
<日本/カラー/本編 91分/R15+>