High Resolution audio catalogue

DISC INFORMATION

Rays of the jet
Rays of the jet

平井武士

wav flac 48kHz/24bit

2014/12/03

DESCRIPTION

平井武士(通称“じぇっと”)が赤いジェット光線をぶっ放す!
ソロデビュー作「jetism」から4年、待望の2ndソロアルバム!!
平井がバックバンドを務める人気声優グループ、スフィアが参加した、盛り上がり必至なパーティーチューン「Y.M.C.A.(YOUNG MAN)」や「勝手にしやがれ」、ショパンの「別れの曲」の楽しいカヴァーも収録!

01. Future
02. Good humor
03. Make Merry
04. 別れの曲~Relative Style~
05. Ravel Spider
06. Y.M.C.A. (YOUNG MAN)
07. Dedicated to you
08. 勝手にしやがれ
09. Three-legged race
10. Dearest

all guitars : 平井武士
all programming : 岡ナオキ

【参加ミュージシャン】
スフィア (voice)
山田章典(b)
岩切信一郎(b)
須藤 満(b)
外薗雄一(dr)
籠島裕昌(org, p)
渡辺 剛(org, p)
岡ナオキ(p, prog.)

<平井武士 プロフィール>
1977年生まれ。15才よりギターを始め、ローリング・ストーンズやマイケル・シェンカーなどに影響を受ける。高校卒業後、ギタリスト法田勇虫に師事。ロックのみならずジャズ、ブルースなど様々なギター・スタイルを学ぶ。1999年2月、三好鉄生のステージ・サポートをきっかけにプロ・ギタリストとしての本格的な活動を開始。コタニキンヤ、浅倉大介、ゴスペラーズなどのツアー・サポートや数々のレコーディングにも参加。若手ながら、その幅広いギター・プレイへの評価が高まり注目を集める。2004年、TRIX結成。フュージョン畑以外のフィールドから抜擢された異色ながら、その冴え渡るポップ・センスで一躍人気を博す。2010年に初のソロアルバム「jetism」を発表。2011年にはTRIX脱退。その後も人気声優グループ、スフィアのバックバンドでバンマスを務めるなど、幅広いフィールドで、レコーディングにツアーサポートに活躍。
あと、自他共に認めるアンジャッシュ渡部似のイケメン!(笑)

<平井武士 セルフ・コメント>
4年前の「jetism」からソロ活動という機会を初めて与えられ、ライブの演出や会場選び、今後の方向性など、いろいろ悩みながら活動をしていました。そんななか、「本厚木CABIN」という会場から出演の依頼があり、「悩んでいる事は全て試してみなさい」と、ほぼマンスリーで会場を提供して頂きました。それならと、自分がインストを始めたきっかけである、「歌ものとインストの垣根を取り払いたい」というコンセプトを改めて強く意識して活動をしました。
具体的には、邦楽洋楽問わずいろいろな楽曲を、様々なジャンルで活躍中のミュージシャンに参加して頂き、ギターインストにアレンジして演奏してきました。ありがたい事に、お客様にも楽しんで頂き、現在も「本厚木CABIN」には、レパートリーを増やしながら出演させて頂いています。
今回セカンドアルバム「Rays of the jet」をリリースさせて頂く事となり、これらの経験をストレートに活かしたく、そのまま「カバー曲」という方法を採用させて頂きました。 カバー曲の中の一曲「Y.M.C.A」は、ライブで大変盛り上がるパーティーチューンで、今回はこの4年間バンマス&ギタリストとして関わらせて頂いております人気声優グループ「スフィア」の皆様に“かけ声”での参加をお願いしました。カバー曲以外の楽曲も、明るくノリの良い楽曲を意識して収録しました。
「Rays of the jet」の制作には、参加ミュージシャンやエンジニア、スタジオスタッフも含め、初めましての方は一人もおらず、僕の周りのいつもの仲間でワイワイ楽しく制作しました。その楽しさが、一曲一曲にしっかりと反映されていると思います。
その結果、普段インストを良く聴く方、歌ものを良く聴く方、楽器を弾く人、弾かない人、男性女性、子供から大人まで、たくさんの方々に楽しんで頂ける内容になっていると思います。
自分の演奏能力はもちろん、全てにおいて、この4年間の集大成と言えるアルバムになりました。

ARTIST