High Resolution audio catalogue

DISC INFORMATION

JINO JAM
JINO JAM

日野“JINO”賢二

WAV 48kHz/24bit

2014/05/21

DESCRIPTION

日野“JINO”賢二<JINOJAM:日野“JINO”賢二(Vo,B,Programming)、J-stixx(Drums)、MASA小浜(Guitar)、Penny-K(Key)、NOBU-K(Key)、Andy Wulf(sax)>

フィーチャリング:日野皓正(4曲)

日野“JINO”賢二は、2003年に活動拠点を日本をに移しアルバム「Wonder Land」でソロデビュー。今作はソロデビュー10周年イヤーを記念して制作された、渾身の3rdアルバム。アレンジ、レコーディング、ミックスダウン、マスタリングまでをすべて自身でプロデュース。

日野“JINO”賢二は、日本ジャズ界の大御所、トランペッター日野皓正の次男として東京に生まれ、7歳の時に家族とニューヨークに移り住む。音楽専門のハイスクールを卒業後、ベーシストとしてジャコ・パストリアス、ハービー・ハンコック、"24丁目バンド"のギタリスト・ハイラム・ブロック、など数々のミュージシャンとプレイを重ねる。

日本では、Misia、AI、Def-Tech、西野カナ等、ジャンルを超えた数多くのトップ・アーティスト達のサポート、レコーディングのみならず、プロデュース~作曲まで提供し、トータル・アーティストとしてひときわ信頼を置かれる日本を代表するベーシスト日野“JINO”賢二。2009年に日野とJeff Miyaharaが作・編曲した西野カナの楽曲『君に会いたくなるから』はアルバム『LOVE one.』からシングルカットされ、トータルで110万枚を越えるミリオンセラーとなった。

日本で出会った超実力派メンバーによって構成される自身のバンド「JinoJam」を中心に、自身のベース・サウンドを主役とした、バリバリに弾き倒して歌い倒して暴れまくる、ファン念願の3rdアルバム! 

父親でもあり、名実ともに日本のジャズ界を代表する大御所トランペッター、日野皓正が4曲で参加!!

【収録曲一覧】
1 MM
2 Interlude:Uncle Sam
3 Number 1
4 Alone, Alone&Alone
5 She's No Good
6 Interlude:No Good
7 Across My Heart
8 Interlude:Making Doughnuts
9 Cantaloupe Island
10 Still Here
11 Interlude:Faces
12 Driving Free
13 Outlaw(Intro)
14 I Love...
15 Interlude:Maximum 7
16 All 4 U

ARTIST